東京オリンピック チケットの取り方




みなさん、こんにちは!

今回は2020年に迫った東京オリンピックのチケットの購入について現状をまとめたいと思います。2020年はとても先の気がしましたが、もうすぐそこ、1000日を切ってきます。なりべく早めに予定やチケット・種目を確認して、人気のあるものはゲットしておきたいですね。

次の日本で開催されるオリンピックは多くの人にとって次のチャンスは何十年後となります。ぜひいけるものであればチケットを入手したいところです。

東京オリンピック2020の日程

まずは、おさらい。2020年のオリンピックは、第32回夏季オリンピックで、会期は下記の通り。日本ではちょうど暑い時期なので外の種目は大変そうです。







  • 開会式:2020年7月24日(金)
  • 閉会式:2020年8月9日(日)

また、開会式に先駆けて、22日午後5時よりオリンピックサッカーの試合が各地で始まります。多くの競技は開会式翌日の25日(土)もしくは26日(日)の開始。パラリンピックは8月25日(火)から9月6日(日)までの開催です。下記は2012年ロンドンオリンピック。町中がお祭り騒ぎになります。

メインの会場は新しい国立競技場になります。

チケットの入手方法は?

オリンピックは開催国から優先的にチケットが発売されるというルールがあるようです。今回も最初の1次販売は日本のみで行われる予定であるため、多くの方にチャンスがあります。開催国発行のクレジットカードを持っていないと購入できないという事例もあるらしく、地元の人にとっては有利ですね。







特に開会式、閉会式、そして人気の競技は争奪戦になることが予測されるので、早めに目星をつけてチケッチ入手に動いた方がよいでしょう。日本開催のオリンピックなので、オフィシャルサイトも日本語で表示されており、海外のオリンピックのように、入手が英語でできないということもありません。

しかしながら、いま2018年1月現在では詳しい方法はまた、公開されていません。東京招致委員会が国際オリンピック委員会(IOC)に提出した立候補ファイルによると、2020年のオリンピック東京大会では、チケットは「誰もが見ることのできる手ごろな価格」に設定されるもよう。

開会式が2万円から20万円(もっと高くなるかも)、人気競技の決勝などで5万円、チケット全体の平均価格は8000円などと予測されています。全国のコンビニエンスストアやインターネットを通じて販売される予定です。

販売の時期開催の1年前~6ヶ月前だと予測されていますので、2019年のはじめから初夏にかけてでしょうか。今後もアップデートを続けたいと思います。人気のサッカーや自分が昔やって懐かしい思い入れのある競技、日本の国として応援したい競技などみどころが満載で、ぜひこの機会に目の前で競技をみてみたいです。

2012年ロンドンオリンピックのチケット




リオ オリンピックのチケット







人気のある競技は?

いまの段階で、これまでのオリンピックから考察して人気のある競技は何でしょうか?

東京大会においては、日本で人気のあるレスリングや柔道、体操と予測されます、あとは定番ですが陸上競技の100m走など。また、日本でも引き続き人気のある水泳もあります。もちろんサッカーなども非常に人気があると思います。最近では卓球なんかも人気のあるスポーツですので、競技人口も多いため取りにくいのではないでしょうか。

最近人気の卓球

リオのリレーで日本が入賞したことはまだ記憶に新しいですね

オリンピック観戦の楽しみ方は?

特にアジア諸国だけではなく、アメリカやヨーロッパなどいろいろなところから人がくるため、隣に座った人やグループと仲良くなる可能性がたくさんあるようです。すこしでも英語なんかをしゃれると面白いのでしょうが、そうでなくとも、東京の観光名所を教えてあげたりするコミュニケーションがまた観戦を面白くするのではないでしょうか。

もちろん、そんな国際的なイベントの一面もありますが、スポーツ選手がこれまで練習してきた全てを出す、オリンピック競技で世界最高峰の戦い、スポーツが多く見れる期間であるので、生で観戦をすることで感動を得ることが必ずあると思います。そんなスポーツから自分も頑張ろうという気持ちになったりするのではないでしょうか。

まとめ

今後も日程や種目の詳細、チケットの入手方法など随時情報をまとめていきたいと思います!チケットの情報がきになる方は下記東京オリンピックの公式サイトで確認をしてみてください。

東京2020公式サイトはこちら

公式サイトより